機械式時計を故障させる結果になる衝撃のデメリットと対応策

機械式時計の保守のポイント

機械式時計についてはいわゆる精密機器のため、とても傷付きやすいです。近頃では頑強なモデルについてもたくさん出ていますが、一般的に考えて機械式時計をダメージに弱いことは変わりません。機械式時計をトラブル無く大事に扱うために、故障させてしまう原因に接触させないようにすることが必須であり、そう注意を払っておくことが機械式時計を管理するうえで最重要な手入れ手法ということを頭にインプットしておく必要があります。

故障させる結果になる要因について

機械式時計を故障させる結果になる背景には、色々なことがあります。浸水、あるいは磁気にデリケートなことは概ね知られていることから、故障を起こす状況ではその原因に近づけないことで対応することができます。ところが大変なのが衝撃によるダメージです。機械式時計に故障が発生する衝撃につきましては常日頃色々な局面に潜んでいることから、常時留意しておかなければ、家に戻ってみると機械式時計がおかしくなっていたということもあり得ます。

耐震機能があっても扱いは慎重にしましょう

機械式時計には耐震機能を兼ね備えたものもありますが、そうはいってもこれを過信することはもっての外です。耐震機能があっても、衝撃で故障しないわけではありません。わずかな衝撃はパーツが落ちないように設定されていますが、1つの例としてゴルフもしくは野球のヒッティング時に、着用している機械式時計には落下と同じ程度の衝撃が発生します。何回も落としたら、いくら堅固な耐震機能を完備した機械式時計であっても正常に働かなくなってしまうので、いうまでもなくそのような行動の際は、機械式時計を外す必要があります。

ダミアーニはイタリアの高級宝飾ブランドです。歴史、品質、デザインと優れていて世界中に愛されています。